UX Sketch #14 3つの視点から見るIoT

mtl.connpass.com

背景

  • 先日参加した MTL の UX Sketch に再び参加してみた
  • IOT の登壇されている方々は、先日行った AWS Summit でお話を伺っていたので、結構 UX うんぬん抜きにして興味があった。

発表

佐藤未知 さん(チカク)

プロダクトの観点から

主張

  • ハードウェアスタートアップ => 大変
  • IOT => 大変
  • IOT スタートアップ すごく大変
  • IOT ハードウェアは二社目

  • まごちゃんねるは、スマホタブレットも見づらいのでテレビで写しやすいプロダクトを

仮説検証

  • おばあちゃんが対象
  • しかし、だいたいのばあちゃんのご家庭にはWifi ない
    • ある家庭も15%くらい
    • だいたいは、Wifi くらい
  • ぶっちゃけIOT はめんどくさかった

イケる!と想った瞬間について

  • モニターユーザに対して
    • めっちゃ使っているユーザとか
  • そこから 50分でクラウドファウンディング

計算すべきこと

  • 検証出来るのか?
  • 孫が壊さないのか?

プロトタイプについて

  • 色々アンテナを見せてみた
    • ユーザに聞いてみると、「ほこりたまりそう」、「男が考えたデザインなのではないか?」
  • => よく見てみると、独りよがりのデザインだった。
  • バージョン70個くらいになった
    • 最後になると、窓を作ってると「かわいい」とか言われた。

作りこみについて

  • やっちゃいけないところまでやってしまった
  • パッケージングまでやってしまった
    • 某アップルのようなこだわりをすごくやってやってしまった
  • 箱が開くまでの秒数を指定すると、向上の人から「えっ、ちょっ」と言われた
  • ログイン作業してから出荷
    • 手で打ったら、ヤバい
    • 出荷専用のアプリを自作作成した

何故こんなに大変なことをやっているか?

  • モノをつながっていて、ネットワークの提供する
  • どちらかというとハードウェアでは無くコミュニケーションの会社である、と考えている

筐体デザインについて

  • 家電っぽいものになる

木村大介 さん(リノベる)

サービスの観点から

リノベるについて

  • IT の会社というよりは、住宅を販売している会社
  • 中古住宅のリノベーションをおこなっている
  • リノベーション => 古い物件に別の価値を与える
  • リノベーションは安く購入できる
  • リノベーションのデメリットとして
    • 築古物件を見つけなきゃいけない
    • リノベーションは別のローンをクリアしないといけない
  • リノベーションは、仲介と不動産の設計みたいなのをやっている

スマートハウス事業

  • スマートハウスって何か?
    • 省エネ住宅ではない
  • スマートロック == スマフォで鍵を開けられる
  • 技術としては、面白い(AI / IOT / ビッグデータ
  • 実際に技術的な観点から実験してみた
    • バイスを置きまくってみたけども、タコ足になってみてウザい
    • => 結論: 結構ダルい
  • 売り切りでは無くアフターサポートも行う

UX ドリブンの事業

  • UX は、ユーザの体験そのものでは?
  • IOT を使って何か作るというのは、技術ドリブンとか
  • 毎朝の出かける準備の時に必用なサービス => UX ドリブン

サービス開発の手順

  • 全然違う方法で行っていた
    • 機能を洗い出しからやっていた
    • => あれもやろうこれもやろう / 何でこれもやっているんだっけ / こんなこともやってよ問題

解決部分

  • 合議を取る
    • カスタマージャーニーマップを利用した
    • 現状のネガティブをプラスに出来る部分を行っていく

清水雄太 さん(ソラコム)

インフラの観点から

登壇者の方の経歴

  • 前職は、SI 系 / 某 大手料理 BtoC 系サイト
  • UI / UX は専門では無く、色々やる感じ

ソラコムの事業について

  • 出して見ないと分からない => 新製品を出しては、フィードバックをもらっていく

チームワークを生む仕組み

  • 全員がリーダである / フラットな組織体系
  • コミュニケーションはブログを参照してください => 記事

質疑

チームを憲法を定めたのか?

  • (リノベるでは)付箋に思ったことを書きだした
  • (ソラコムでは)マネージャ経験者が多く、前職の経験を持ってきた
    • 自分たちのプラスαを持ってきた
    • ゼロベースで決めたらどうやったか?
    • 一番最初に合宿を決めて議論した
  • (チカクでは)バックボーンが違うので意見が合わない
    • 一個だけ決めている => 迷ったらユーザに、というスタンス

カスタマージャーニーマップの布教について?

  • (リノベるでは)騙されてやってみましょう、みたいな感じで導入

    • 機能ベースで行っていたので、藁にもすがる思いだった
  • (チカクでは)そもそも使ってなかった

    • スタートアップではその段階では無い
    • 長いスパンで考えている余裕は無い

雑感

  • 今回は割りと具体的で分かりやすい話だったな、と思っている。
  • 何故か?と考えると、やはりトライアンドエラーを繰り返している過程が分かりやすい。
  • 結構三社中二社がスタートアップ系の話だったので、UX とかは多分ブラッシュアップとかになるので、あまり仮説 / 検証とかは行っていない、的な感じだった。

会社で Rack についての LT した

speakerdeck.com

背景

  • いつ頃だったか、会社で「開発部のMTGつまんなくね?」みたいな流れで、持ち回りで 二週間に一度 LT するみたいな流れが出来た。(半年くらいは続いてると思う)
  • 4月に新卒氏が入ってきて、メンターしてる子に「Rackってなんですか?」と質問を受けたのがそもそもの発表のきっかけである。
  • 個人的には Rack の考え方というか、Rack Server とか Rack Middleware とか Railties / Sinatra のソース読むのが好きだったので、こんな感じなっとるんやで〜みたいなことをゆるふわっとトークしたかった。

雑感

  • 実は以前にも Rack の話はしていて、その時は真面目に話しすぎてウケなかった、というか難しいことを難しいまま喋ってしまった、という反省がある。
    • ので、ゆるふわトークを目指したが、あんまり反応は芳しくなかった。
    • 何か決済の話が意外とブクマついてたりするし、何がウケるのかって結構難しいな、と思う。
  • バイトしていた会社で nekoya さんに テストに関する概念的な話をしていただいたことがあって、ああいった概念的なことを分かりやすく喋る、ということが、個人的な目標だった。(下記に埋め込み)
    • が、まだまだ俺には甘いようだ。
    • nekoya さんもそうだけど、 akio0911 さん など、エンジニアとしても凄いな、と思うけど、難しいことを分かりやすく解説する、ということは正直真似出来るものではないけど、身につけたい能力ではある。

www.slideshare.net

UX Sketch #13 UXではないUIUXの世界 | MTL勉強会 参加録

参加してきた

mtl.connpass.com

  • 何となく最近自分の中でデザインだったり、UI やったり UX だったりがブームなので、参加してきた
  • 悲しいことに本職は、Web エンジニアなのだが
  • 参加層は、あんまりエンジニアの人いなくて、たま〜に会うな〜くらい。やはり UI / UX デザイナの方が参加者の大半を占めていた。

コンテンツ

それぞれの立場からのUIUX(パネラーによる発表)

問題提起

  • UI / UX が毛嫌いされてない?
  • バズワードとなってるだけやない
  • UI / UX は違うんだけど?
    • いいように UI / UX が使われてないだろうか?
  • 以下、言及されていた話

ic-root.com

  • 採用ページに UI / UX デザイナを募集されているが、それ何よ?
  • UX デザイナはちょっと上級の UI デザイナとされているんやないの?

鷲山優作 さん サイバーエージェント UIUX Lab代表

  • 元々は紙媒体のご出身。その後、web -> アプリへ
  • 基本的に社内的に啓蒙することを目的として設立した。 つまりは、UI/UXを見ていける人材を獲得していきたいということ。
  • UI は UX の要素の中の一つ。
  • 目的の遂行のために UI を使う

佐藤ねじ さん / アートディレクター/プランナー

  • カヤックの方
  • とくダネ!に取り上げられて オヅラ 小倉さんの温かい目を浴びた
  • UI をまっすぐに見られない / UI をひっくり返した時に面白いことが出来るんじゃないか
  • UI 温泉を主催
  • 貞子アプリを制作した => アプリを利用することによって、その後のユーザの体験を作成することが出来る
  • 鏡に映さないと文字が読めないというアプリ

葛本尊広 さん / 株式会社ムーヴ 代表取締役 ディレクター

  • キンキキッズのキャンペーン広告を作成された。
  • 丸山茂樹の広告などを制作
  • グラフィックデザイナだったが、店舗設計みたいなこともやってた。iPhoneが出た時に、ちょっとやってみないか?と言われてやってみた。
  • 色々あって UIUX 専門の会社を設立した
  • UI デザイナはコピーライタの適正があるのでは
  • 起業する際に、引き抜いた方々の分担をわけた。
  • UX の人には、コンセプトワークを中心に行ってもらった。
  • UI の人には、ビジュアルデザインだけでなく、プロトタイピングみたいなこと

パネルディスカッション

「UX は怖い?」

  • 最初は怒られそうな気がしていた
  • が、そもそも気にしていない
  • UX ってアカデミックな雰囲気があるんじゃないか?
    • と、ここで会場に挙手を求める人そうでも無い雰囲気

UI って大事

  • UI はイケてなくても価値が提供できていればいいのでは?
  • UI は一個の正解は無いのでは?
    • 蕎麦屋のWeb サイトは、蕎麦屋の味を出せればいいのでは無いか?オシャレである必要などは無い。

おっさん UI 説

  • おっさんに「味は何?」っぽい感じを出しても、それを乗り越えていくことがいい
  • 味が不味くても、おっさんが良かったら、来れるか?
    • 程度によるのでは?
  • 店舗設計は近い
    • ドン・キホーテはカオス
    • 色々なところに行ってもらうためにわざと、カオスな設計にしている
  • 自社アプリ、ロゴ出したくなりがち

◯ンピースのクイズアプリ の UI の様に

  • モックを Keynote で作っているという衝撃の事実が明らかになった。
  • Keynote でテストしながら、コンマ0.1 秒
  • Keynote が二度と同じものを作れない / ◯ア・ハンコックを違うやつにしたいって言っても無理。
  • あまりにも提案書類がデキ過ぎていて、関係者に怪しまれたという悲しみのエピソードがあったらしい。

UI / UX 人材の採用

  • UI / UX とかやっている人が大事です、という企業文化作りが大事(エンジニア至上主義では無く)
  • 状況が見えない時に力を発揮出来る人がいれば採用出来たいいかな、と思う。
  • ディレクターの方が UX 的なことをやる。が、ディレクターが UI が弱くなる。
    • ディレクターは、UX 語れないのでは?

UX デザイナいきなりなれるのか問題

  • サービス作るってなったときになれるのか?
  • 広告デザイン は言葉を力になる / 大学の入学案内などで培った方はアプリの構成力と近いものがある

LT枠

クラウドワークスでの UX 改善

  • どの部署の人もユーザに対しての意見を持ちましょう / 新しい意見が欲しいということが背景
  • テレビにも取り上げられていた
  • 良かった点
    • 実践的で良かった
    • サービスに使ってみて良かった
    • サービスのあたたかみが出てきたのが良かった
  • 悪かった点
    • サービスに詳しい人がいない
    • コストがかかる
  • UX あるある

営業と仲良くなるのが最高のUX

  • 弁護士.com での話
  • サービス制作 営業の方と営業同行を行った
  • ディレクターとワイヤーを作った
  • 課題抽出が見つけやすくなった
  • 伝言ゲームが無くなった。

離婚から考える UX

  • UX は思い込みが大きい(= 離婚も一緒である)
  • UX デザイナーは、色んな人の話を聞いて疑似体験をしていくのが一番の近道。
    • コミュ障はUX デザイナになれない

雑感

  • 今回初めてブログ枠で参加してみたが、中々大変ということが分かった。
  • 次回は写真を添えたい

表参道.rb #12 【一周年】 参加録 兼 LT録@Sansan

omotesandorb.connpass.com

  • 一周年記念ということで、参加させていただいた。
  • 場所は Sansan で。
  • 会場のご提供、並びに美味しい料理ありがとうございました!
  • 行ったこと無かったので、楽しみだった

発表内容(*スライド公開されているもののみ、公開され次第随時追加します)

RubyWindows サービスを作る by @y-okubo さん

speakerdeck.com

  • 会社の先輩のデビュー戦だった。(ご協力あざっす!)
  • 会社の Slack で、以下のようなやりとりがあり、参加決定

f:id:fjwr38:20160604111058p:plain

  • 実は一年以上前からこの 「Windows 上で Ruby」を動かす、という課題に取り組んできて、数々の挫折があった。
  • マジで Windows 上で Ruby を動かすのは地獄である
  • @y-okubo さんは、サラリと話されていたが(まー緊張してたらしい)、割りとコアな話だったと思う。
    • そのせいか質疑で「何で Windows 上で Ruby?」みたいな質問が上がっていた。
    • 僕も今の Backpulse プロジェクトにジョインする前までは「いやwwwwwwwちょwwwwwwウィンドーズでRubyとか冗談でしょwwww」とか思っていた
  • ぶっちゃけアーキテクチャの話がメインだったけど、SSL周りでかなり地獄を見た記憶がある。
  • @y-okubo さんは Go の方が得意なので、さっさとどっかで LT して欲しい(つーか「俺 Ruby 忘れたわ」とか言ってた気が)

無限決済 by @r-fujiwara(僕です)

speakerdeck.com

  • タイトルは喧嘩稼業のサブタイから取った。
  • 5・6巻の工藤と梶原戦良かった
  • 内容は決済の話である。
  • 個人的には技術的には大したこと無くて、結構 cron とかのミドルウェア層でのハマりとか仕様決めたりするのに、コミュ力求められまっせ的な話をした。
  • あと BigDecimal とか重要な気がする。Float 型で決済やると死亡する。
  • 質疑応答で「それ決済用のサーバ立てればええんちゃう?」って聞かれたけど、個人的には管理するインスタンスの種類が違うのは何か嫌だな〜怖いな〜って思ってるので、排他制御で回避できるなら、それでええんじゃないかなぁ みつを
    • 無論、決済用サーバ立てればええかな、とは思っちょる
    • 決済機能はゴリゴリにテストしまくってマイクロサービス化したいな、とはちょっと思っている。

ES2015のカバレッジ計測 by @sinsoku_listy さん

www.slideshare.net

  • ES2015 とか CSS 周りの話だった。
  • 結構弊社のサービスもフロントエンドで苦戦しているので非常に勉強になった。
  • 正直このCSS 使われてんの?みたいなの腐るほどあるのだが、テストであぶり出すとかそういうの無いな〜とかは感じていた。
  • ES2015 は手を出したいな、と思っているのだが、依然として手が動かない。
    • 何となく最近 JS 界隈の動きが停滞してきたな、と感じていたが、最近 リビルド聴いて naoya さんもそんなこと言ってて、「あぁやっぱな」と思った。
    • 結構周りのエンジニアは、JS 流早杉と言っているが、本質はAPIとか覚えるとかではなく、ユーザに対して使いやすい UI / UX を提供することが大事かな、と思っているので、別に覚えたフレームワークやら言語とかはまぁスッパリ次に移れば良いんじゃないかな〜と思っている。
  • 懇親会中に、
    • Rails のバージョンアップについて話を伺うことが出来て良かった、意外と v3 => v4 ほどキツくは無いらしい。
    • メンターとか「こんな感じで教えてるんですけどどうですかね〜?」とか「採用〜難しいですよね〜」とかそんな話をした。

写真

  • 撮影OK って言われてたのに失念してた。無念。。。

詳解Swift改定版読書勉強会 #12

read-swift.connpass.com

ツイートなど

雑感

  • 割りと初回の方から基本的に「あー、他の言語でいうとアレね〜」みたいなテンションで何となく毎回分かったつもりになりながら参加している
  • Protocol は 「Java でいう Interfaceやで」って聞いてたが、結構難しかった。
    • まぁしかし苦手意識を持つまででは無い
    • 結局全部が全部使うかって言うとそうではないと思うし、誰かが書いたコードが読めて、自分のプロダクトで実践できればまぁいいのかな、と思う。
    • と、いう意味では先週のメモリ周りの話はマジで押さえとかないと死ぬ気がする。
  • 個人的な収穫としては、CodePiece の存在を知ったりとか、PlayGrond の(新たな)使い方を知ったりとか
  • なんというか Swift は、入りはとっつきやすくもあるんだが、潜っていくと結構複雑な言語だな(難しいとかではない)と感じる。
  • まぁなんだかんだ楽しかったし、己の課題も見つかったので良かったかな、と思う。
  • 主催者の皆様、いつもありがとうございます!

SQL実践入門 読書会(3)

sqljissen.connpass.com

  • 自分が共同管理者として SQL実践入門 のツイートをまとめてみる
  • 管理といいつつ完全に色々教えてもらっている立場なので、毎回「本当に勉強になるなあ」というスタンスで参加させていただいている
  • 基本的に事前準備とかは必要は無くて、色々本を読みながらディスカッションしていく、という形式になっている
  • 誰かが質問して、色々意見を言い合うスタイルな感じである

ツイートなど

個人的には

  • ORMapper厨としては勉強になることしか無いな、と感じながら日々参加している

エレアコを買って銀座線についての曲を書いた

soundcloud.com

動機

  • 何か銀座線について普段感じていることを歌詞にした。なお、コード進行やメロディは本当に適当に書いた。
  • あとエレアコ買ってテンション上がって、ついでに曲書くか〜と思って2~3時間でサラッと書いた
  • ミキシングとかリバーブかけすぎだろとか正直自分も思っている。
  • 草野マサムネが何かで言っていたが、曲というものは「丁寧に、誰かに寄り添うような曲じゃないとダメ、ビリー・ジョエルみたいな」みたいなこと言ってた。
  • 実際そのとおりである。
  • しかしながら、まー、曲を書く => ギターを弾く => 歌う のプロセスは出来たのでしばらくこれで遊べそう。
  • もうちょっと次はコード進行やらメロディなんかを考えて作りたいな、と思っている。